空き家をさがす

1.安曇野市で空き家をお探しの方へ

安曇野市空き家バンクから空き家の情報提供を受けることができます。
空き家バンクから情報提供を受ける場合は、空き家バンクサイト内において利用者登録をしていただくことで閲覧が可能となります。気に入った物件の問い合わせや交渉は、情報を掲載した空き家バンク仲介事業者へ直接ご連絡ください。
なお、利用者登録された情報は、移住セミナーのご案内や移住実績などの移住施策に限定して活用させていただきます。また、利用者登録していただくと安曇野市おためし住宅も活用いただけます。(詳細は、おためし住宅をご覧ください)

2.支援制度のご案内

<建物診断>

建物の耐震性は、どの年代に建てられているかによるため、建築年は重要な目安になります。新耐震基準の木造住宅でも、耐力壁の配置や接合方法などの規定がなかったため、壁量を満たしていても耐震性が不足している可能性があり、少なくとも住宅診断(以下、ホームインスペクション)等で確認することをお勧めします。

1950年(昭和25年)以前 耐震規定なし

・無料耐震診断制度あり
・耐震改修設計及び工事に関する補助制度あり
・ホームインスペクション補助制度あり
・伝統的工法に関する専門的知識のある建築士に相談が望ましい

1950年(昭和25年)~1981年(昭和56年) 旧耐震基準

・無料耐震診断制度あり
・耐震改修設計及び工事に関する補助制度あり
・ホームインスペクション補助制度あり
・専門的知識のある建築士に相談が望ましい

1981年(昭和56年)~2000年(平成12年) 新耐震基準

・ホームインスペクション補助制度あり
・耐震診断(有料)が望ましい
・最低限ホームインスペクションを活用したい

2000年(平成12年)以降 現行基準

・ホームインスペクション補助制度あり

(関連)
住宅診断(ホームインスペクション)とは?
「あんしん空き家流通促進事業補助金」(平成29年度)


<耐震診断・耐震設計・耐震工事、改修工事>

耐震診断・耐震設計・耐震工事の補助内容(平成29年度)
住ま居る応援制度(住宅改修・新築助成)(平成29年度)
信州型住宅リフォーム助成金(平成29年度)


<事業系支援制度>

空き店舗等活用促進事業<家賃補助>(平成29年度)
事業者(個人・法人)、商業団体、NPOなどが空き店舗を賃借して事業を営む場合に、家賃の一部を補助します。
(補助要件)
商業団体、事業者などが空き店舗を商業(サービス業含む)など、集客に役立つ施設の用に供するために、経営指導員の承認を受け、新たに賃貸借契約を締結した物件
(補 助 率)
家賃相当額に2分の1を乗じて得た額の範囲内とし、月額5万円を限度とします。

・創業支援資金<融資制度>(平成29年度)
市内での新規開業予定者又は開業後1年未満の新規開業者で、事業を営むための資金を必要とする場合、次の条件の融資をあっせんします。
(運転資金)貸付限度額1000万円、貸付利率年1.3%、貸付期間5年以内(据置6か月)
(設備資金)貸付限度額1000万円、貸付利率年1.3%、貸付期間7年以内(据置6か月)
・若者および女性の起業支援事業(平成29年度)
起業を志す若者や女性、起業間もない若者や女性起業者に対して事業資金などを支援することにより、若者や女性の起業を促し、地域の後継者育成を図ります。
(補助要件)
1.起業から1年未満の商業を営む個人及び法人
2.年齢が各年度4月1日時点で35歳未満であること(女性を除く)
(補 助 率)
1.広告宣伝費など対象経費のうち50万円を上限に補助します。
2.家賃相当額に2分の1を乗じて得た額の範囲内とし、月額5万円を限度とします。ただし、補助金の交付は2年以内とします。

error: Content is protected !!