【2019年度は4名採用】安曇野市地域おこし協力隊募集のお知らせ

安曇野市では2018年11月現在、4人の地域おこし協力隊が活動しております。
(移住促進、農家民泊促進、クラフトビール開発、地域コミュニティ形成、各1名)

そして2019年度も、下記の活動について新たに協力隊を募集することとなりました。
安曇野市への移住を検討されている方、地域おこし協力隊の活動に興味のある方、
ぜひ応募をご検討ください!

詳しくは、市のホームページ もしくは 協力隊2019チラシをご覧ください。

活動内容と募集人数

活動(1) 地域コミュニティの形成と「絆」づくり(協働による市民主体のまちづくり)に関すること  1名 

・各区の地域力向上及び主体的な市民活動促進のための支援
・市民活動に関する相談
・市民活動への参画機会の創出
・協働に係る情報の収集と発信
・協働のコーディネート(区、市民活動団体、教育機関、企業など主体同士をつなぐ役割)

活動(2) 「信州型自然保育」の実践と情報発信に関すること  2名

・市内の公立認定こども園(信州型自然保育認定園)に保育士・幼稚園教諭として従事しながら、自然保育の経験をつむとともに、地域資源(自然・文化・伝統・人材など)を活かした保育や情報発信について、課題の把握・提案・検討を市の職員とともに行い、実践する
・定期的に担当区域の円を回り、各園の活動内容をまとめ、各園の情報発信
・その他、自然保育に関する研修会への参加、移住セミナーへの参加

活動(3) 安曇野ブランド化構築と交流人口の拡大に関すること  1名

・市の観光振興につながる地域資源を生かしたブランド化構築と交流人口の促進業務全般
・新たな観光資源と既存の資源を効果的に組み合わせ、着地型可能旅行商品の開発や既存商品の磨き上げ
・地域資源の一元的・横断的な情報収集と国内外への情報発信

主な募集条件

(1)年齢20歳以上(2019年4月1日現在)
(2)性別・学歴は問いません。
(3)現在3大都市圏の都市地域、または、政令指定都市(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない区域)
に在住しており、採用後、安曇野市に住民票を異動することができる人
(4)パソコン操作(ワード、エクセル等)及びブログの更新等ができる人
(5)普通自動車免許を取得している人又は着任までに取得が見込める人
(6)おおむね3年間は継続して働く意思のある人

【個別募集条件】 「信州型自然保育」の実践と情報発信に関すること

(1)保育士又は幼稚園教諭の資格を有する方で、自然保育の担い手として活躍していただける人
(2)保育所、幼稚園、認定こども園又は認可外保育施設に5年以上従事した実績のある人

【個別募集条件】安曇野ブランド化構築と交流人口の拡大に関すること

(1)旅行業に関する資格を有するか、旅行・観光分野の仕事の経験がある場合は、それを活かせる人
(2)観光地域づくりに向けた組織経営や調整能力を高め、自身の活動の場を広げていく意欲のある人

賃金等

(1)月額200,000円(家賃補助を含みます。また、社会保険等の本人負担分が差し引かれます。)
(2)社会保険等(雇用保険、厚生年金、健康保険)加入

勤務日及び勤務時間

(1)勤務日 :週5日間(※土日祝日に勤務する場合もあります。)
(2)勤務時間:原則として午前8時30分から午後5時15分まで
(3)原則として、1日につき7時間45分。土日祝日に勤務が必要な場合は、平日を休日とします。

雇用形態及び期間

(1)安曇野市の非常勤職員として安曇野市長が任命します。
(2)着任は2019年4月を予定しています。

応募方法

応募方法につきましては、市のホームページをご覧ください。

(2018年11月14日)

TOP PAGE
error: Content is protected !!